姫路市飾磨の調剤薬局
L

妊娠・授乳中の方

妊娠や授乳に薬の可否については、かなり個別的な側面が強いですので、情報の取り扱いには注意しましょう。

妊娠と薬

妊娠中の薬はかなりケースバイケース

インターネットで添付文書を閲覧して不安になるという方は非常に多いです。その危険性の内容が具体的に分かれば、不安も払拭されるかと思います。よくある例として、解熱鎮痛薬のNSAIDsで妊婦に禁忌とされているものがあります。これは、胎児の動脈管の閉塞のリスクがあるからであって、催奇形性があるからではありません。したがって、禁忌であるものの妊娠前期での使用はリスクが高くないと言えます。また、例えばてんかんの薬のように催奇形性が認められるものの、飲まないリスクの方が高い場合もあります。

このようにかなりケースバイケースの対応になるのが普通です。

 

医療関係者の情報源

添付文書とリスク評価基準が中心です。具体的な情報源ですが、残念ながら国内の添付文書には具体的な危険性の内容は記載されておりません。米国やオーストラリアでは基準が提示されてはいますが、危険性をカテゴリーに分類することで、安易な判断につながる可能性があり、廃止に向かっています。今のところ、米国FDAの基準を中心に複数の情報に当たるのが一般的です。

 

医師、薬剤師とのコミュニケーションを

添付文書で禁忌と書かれている薬が処方されることもしばしばあります。それは飲まないより飲んだほうがいいから処方されます。猜疑心から医師との関係が崩れることは良いことではありません。ご不安があればご相談ください。

 

授乳と薬

お母さんがお薬を飲むと、薬が溶けて、吸収され、血液内に循環されます。この血液から、一定の比率で母乳に薬が移行して赤ちゃんが飲むという流れになります。添付文書では大抵「授乳を避けさせること」と記載されています。ほとんどが安全性に関する情報が不十分なことが原因で、危険だからとはっきりわかる場合は「禁忌」の中に記載されるのが通常です。このため、医療関係者は他の情報源も参考に安全性を評価します。

理想と現実

授乳を避けさせることと言われても、ずっと母乳だった赤ちゃんに突然粉ミルクを飲ませることは難しい。結果、服薬の方を諦めるというケースも多くあります。現実的な解決策が必要です。この中で添付文書と異なった判断が生まれることがあります。やはり、医師、薬剤師とのコミュニケーションを大事にしましょう。

※上記内容は、自己判断を促すものではありません。自己判断は避けて、医師、薬剤師へ相談してください。

L