姫路市飾磨の調剤薬局
L

インフルエンザ対策の基本

ここは飾磨。恵美酒宮の祭りは毎年盛大です。何といっても神輿が多い。毎年楽しいんですが終わると祭り後の静けさです。そう、もう10月も後半。インフルエンザワクチンの季節です。インフルエンザは予防するとしないとでは大きく違ってきます。

 

普通の風邪とインフルエンザの症状の違い

風邪原因はウイルスです。インフルエンザもウイルスの感染によるものです。何が違うのかというと、いわゆる普通の風邪がウイルスを特定しにくいのに対し、インフルエンザの病原体はインフルエンザウイルスというところです。
症状にも違いがあります。「のどの痛み」「咳」「鼻汁」などが風邪の典型的な症状です。熱が出たとしても体温が38℃を超えることはあまりなく、重症化することはほとんどありません。一方、インフルエンザの一般的な症状は38℃以上の急な発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛などです。インフルエンザ脳症や肺炎などの重い合併症を引き起こすこともあります。

インフルエンザ対策の第1は予防接種

インフルエンザウイルスの活動が活発になるのは1月初めから3月頃までで、寒くて空気が乾燥する季節です。感染力が非常に強く、学校で感染した子供が持ち帰って、家庭内でみんなが感染するというのが典型的パターンです。インフルエンザは普通の風邪と違って、ウイルスがはっきりしており、ワクチンもあります。このようなことから予防接種をすることが予防の第一です。

ワクチンの仕組みと効果

人体には細菌やウイルスなどの異物が侵入してきたときに、それらを攻撃して排除しようとする仕組みが備わっています。これが免疫反応ですが、その一つに獲得免疫というものがあります。異物が体内に侵入したとき、その異物を学習して、2度目に体内に侵入したときに抵抗するというものです。

インフルエンザワクチンにはインフルエンザウイルスを感染力を失わせて不活化したものが入っています。これを接種することでウイルスに対する抵抗性を持つことが出来ます。獲得免疫の仕組みを利用したものといえるでしょう。
予防接種の効果は完全ではなく、100%感染を予防することは出来ません。しかし一度、獲得免疫を得るとインフルエンザにかかったとしても重症化を防ぐことができます。重症化しやすい65歳以上の方、64歳以下でも呼吸器や心臓、腎臓などの慢性的な病気にかかっている方には特に接種が薦められます。

また学校での集団感染がお子様やその家族の感染につながることから、学童期の子供の予防接種は子供自身の感染リスクを下げることに加えて水際対策としての効果も高いでしょう。

予防接種は12月初旬までに

インフルエンザワクチンの効果が出るのは接種して約2週間後です。インフルエンザの流行は例年1月初め頃からはじまるため、12月中旬には予防接種を済ませておくとよいでしょう。ちなみに予防接種の効果は約5ヵ月持続します。不活化ワクチンであるため効果が短いのが特徴です。急いで10月に摂取すると3月あたりで効果が弱くなるかもしれません。あまり早すぎるのも良くありません。

予防接種以外の対策

予防接種しても、インフルエンザの感染を100%防ぐことはできません。そこで、日常生活での対策も必要になります。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザウイルスの感染経路は飛沫感染、空気感染(飛沫核感染)、接触感染の3つだと言われています。空気感染についてはあまり起こるものではなく、大半が接触感染と飛沫感染だと言われています。

インフルエンザウイルスに感染した人がくしゃみや咳をすると飛沫が数m飛びます。この飛沫の中にはウイルスが多く含まれています。これを他の人が吸い込むとインフルエンザに感染します。これが飛沫感染です。

飛沫は水分を含んでいるので下に落ちていくわけですが、落ちた飛沫の水分が蒸発するとウイルスだけになり空気中に浮遊します。この空気を吸うことで感染するのが空気感染です。インフルエンザウイルスは空気感染しますが、あまり起こるものでは無いと言われています。

感染した人の飛沫に接触することで成立する感染を接触感染と言います。感染した人が咳が出るときに手を当てると、その手にはたくさんウイルスを含んだ飛沫が付着します。その手で階段の手すりやドアノブなどを触ると、そこにウイルスが付着します。感染していない人がそこを触って、その手で目や鼻などを擦って感染することもあります。

日常生活での対策

接触感染と飛沫感染を防ぐことが大事です。この点は普通の風邪と同じです。

・手洗いをしましょう。外から帰ってきたら石鹸でよく手を洗い、しっかり洗い流しましょう。

・うがいも行いましょう。うがい薬は必須ではありません。のどの埃を取り除くことで抵抗力を保つことが出来ます。

・マスクをしましょう。飛沫を防いだり、喉の乾燥を防いだりできます。

・ウイルスの活性を下げるために加湿器などを使いましょう。湿度50~60%あたりが目安です。

その他にも十分な睡眠やバランスのよい食事も大事です。感染源がいっぱいいそうな人ごみも避けましょう。

他人にうつさないように

咳やくしゃみによる飛沫が問題です。外へ出るときはマスクを着用しましょう。咳やくしゃみに手を当てた場合は何かを触らず手を洗いましょう。

インフルエンザ治療薬の予防的使用は?

タミフルなどの治療薬は通常インフルエンザに感染した場合に使用する薬ですが、予防として使用することもできます。ただし、保険を用いることができません。全額実費となります。予防はあくまでワクチンだと考えておいた方が良いでしょう。

 

広告
広告
SNSでフォローする
L