姫路市飾磨の調剤薬局
L

生理痛専門薬、エルペインコーワから考える生理痛薬のしくみ

私は男なので生理痛がどんなものなのかサッパリ分かりません。じゃあ、薬を飲んだ実感なんて分からないでしょうと言われれば全くその通りです。だから、実感とか口コミとかはやめて、出来るだけ客観的に紹介してみたいと思います。

薬の紹介

まず、最初に生理痛専門薬とはどんなものかリンクを張り付けておきます。

エルペインの公式サイト

 

生理痛の仕組み

生理って血が出ますよね。子宮の内側の膜がはがれて出てくるのがこれです。でも、ただ剥がれるだけでは内膜は効率よく体の外に出てきません。はがれた膜を押し出すために子宮が収縮するのです。この収縮のせいでお腹が痛くなるのです。

さて、何もないのに勝手に子宮が収縮するはずがありません。「収縮しろよ」という信号があって、はじめて子宮は収縮します。この信号の役割をするのがプロスタグランジンという成分です。

ところで、このプロスタグランジンは子宮だけに作用するのならまだマシなのですが、腸などの近所の臓器に作用することがあります。このため腸が収縮することになり、痛みを感じるようになります。これが生理痛の酷い人の体の中で起こっていることです。

エルペインコーワの公式サイトでは具体的に症状も紹介しています

  • 下腹部がねじれるように痛む
  • ぎゅ~っと押されるような痛みがある
  • 吐き気がしそうなほど痛む
  • ズシンと重い腰の痛みがある
  • お腹のゆるさを伴う

これらに当てはまる人は、腸へのプロスタグランジンの影響が強い人だと言えるでしょう。そして上記のような収縮の程度の個人差が生理痛の痛みの個人差に関連してくるのでしょう。

 

生理痛への2つのアプローチ

単純化すれば、生理痛はプロスタグランジン→収縮の構図になっています。ということは出来ることはプロスタグランジンを抑制することと臓器を収縮させないことです。

前者には普通の解熱鎮痛薬がその役割を果たします。イブプロフェンやロキソプロフェン、アスピリンなどですね。

後者にはブチルスコポラミン臭化物という成分が効果を発揮します。これは内臓の動きを抑制する成分で、腹痛などでよく使用される薬です。商品名ではブスコパンという薬です。一般用医薬品ではあまり認知度が高くないですが、医療用医薬品ではどこの薬局でもあるようなメジャー医薬品です。子宮も腸も内臓なので過剰な収縮に効果を発揮します。

 

エルペインコーワの役割

エルペインには上記で紹介した両方の成分が入っており、生理痛の仕組みの元と結果の両方に作用します。こういった意味では理想的な構成となっています。腸の症状が出ているような酷い生理痛には相性が良いでしょう。

もちろん副作用もあります

必ずしもよく効く薬を選ぶのが正しいわけではありません。ブチルスコポラミン臭化物には副作用があります。ひとまとめで言うと抗コリン作用と呼ばれる作用です。

もともと、ブチルスコポラミン臭化物は副交感神経を抑制することで腸の動きを抑制します。これが過剰であれば腸の動きが鈍くなる。つまり、便秘の症状を引き起こすということになります。

体の中には副交感神経に関係する部位がたくさんあります。例えば唾液など、抗コリン作用によって口が渇いたり、目が渇いたりします。目のかすみやまぶしさといった症状も起こることもあります。

書ききれないので説明書(PDF注意)をよく読みましょう。

多くの方にとってはそれほど危険な副作用ではありません。過度に不安になる必要はありません。

一方で、たとえば乗り物や機械類の操作をしてはいけないなど、理解して注意することは大事です

安全と言いつつも

生理の時だけ便秘が治る人もいるでしょう。これは腸の収縮のおかげだと考えられます。これを台無しにする可能性があるわけです。過剰に起こるから問題なのですが、生理自体は健康な出来事です。

普通の解熱鎮痛薬で問題なければ、それに越したことはありません

これを飲む必要がある人だけ、使うようにしましょう。

  • 下腹部がねじれるように痛む
  • ぎゅ~っと押されるような痛みがある
  • 吐き気がしそうなほど痛む
  • ズシンと重い腰の痛みがある
  • お腹のゆるさを伴う

生理痛薬が効かないと感じている方、

こんな悩みがあればエルペインコーワはいかがでしょう。

広告
広告
SNSでフォローする
L