姫路市飾磨の調剤薬局
L

薬を飲むのを嫌がる子どもに試してみたい食べ物

病気になった不安と薬を飲んでくれない焦りでどうしたらいいのか分からなくなるときは無いでしょうか。何に混ぜれば子どもは薬を飲んでくれるのでしょう。お子様ごとに個性や性格があるので、あの子が上手くいったのにこの子はダメだったということはあるでしょう。

一概には言えないので色々試してみるのが良いのですが、検討に値する方法を紹介します。

勧められる食べ物・飲み物

子どもが嫌いなのは味やにおいです。これを上手く隠すようなものが良いでしょう。

以下が有名どころです。

アイスクリーム

甘さで味を隠すことが出来るうえに、冷たいので味覚が鈍くなります。

目いっぱい甘い物(練乳、砂糖、ガムシロップ、水飴など)

甘くて、粘り気が強いので味を隠しやすい。

ただし、ハチミツを1歳未満のお子様に使用するのはやめましょう。

プリン

カラメルがちょっと苦いのが逆に良いかもしれません。

バナナ

独特な香りが良いかもしれません。ペースト状にして混ぜてみましょう。

汁物(味噌汁、スープなど)

甘いのを嫌がる子に。

専用のゼリーも売っているよ

いろんな味が市販されています。

小児科を多く取り扱う薬局では置いているかもしれません。

当店には置いていません。申し訳ありません。

勧められない食べ物・飲み物

ミルクなどの主食

味に拒否反応が出て、ミルク嫌いになると困るためです。

ジュース

果物のジュースは酸性になっています。

一部の粉薬は苦味を減らすために、粉の周りに甘いコーティングを施しています。

ジュースなどの酸性の液体に触れるとコーティングが剥がれて、とても苦くなる場合があります。

水かぬるま湯以外ダメじゃなかったの?

こちらで薬と食べ物の関係を書きましたが、お子様の薬であれば、ほとんどの場合は効果に影響することはありません。ごくわずかな影響よりも飲んでもらうことが大事とも言えます。仮に健康上の影響がある場合、それはレアなケースなので、その都度薬剤師が教えてくれるでしょう。

 

広告
広告
SNSでフォローする
L