姫路市飾磨の調剤薬局
L

腋臭(わきが)に使える商品を整理してみた

腋臭

ワキガの方、商品はどのように選んでいるでしょうか。効果でしょうか。価格でしょうか。

基礎知識から商品の種類、選び方までを説明します。

① 自分が本当に腋臭なのか考えてみましょう

わきがの基礎知識

人体には汗腺が2種類あります。アポクリン汗腺とエクリン汗腺です。

エクリン汗腺は全身に分布している汗腺で、その成分のほとんどが水分です。ここから分泌される汗はあまり臭いがなく、ワキガとは直接的には関係がありません。

わきがと直接関係があるのはアポクリン汗腺です。アポクリン汗腺は耳の中や腋の下、乳首、へそ、外陰部に分布します。アポクリン汗腺から分泌される汗には脂肪酸やタンパク質が含まれており、この脂肪酸を皮膚の常在菌が分解することで独特の臭いの原因になる物質が生成されます。

 

どんな人が腋臭?

腋臭の方の汗の臭いは、硫黄の臭い、雑巾の臭い、香辛料のクミンの臭いなどとよく表現されます。これは上記の脂肪酸やタンパク質由来の物質のによるもので、一般的な「汗臭さ」とは臭いの種類が異なっています。刺激を感じる臭いです。
また、腋臭の人は耳垢が湿っている傾向があります。ただし、耳垢が湿っているからといって必ず腋臭であることではありませんし、腋臭だからといって必ずしも耳垢が湿っているとも言い切れません。一見わかりやすそうな指標ですが、決定的な要因ではないことに注意してください。
腋臭は遺伝することが多いので両親が腋臭であれば可能性が高くなります。

※臭いに対して過度に敏感になった結果、腋臭でもないのに腋臭だと思い込んでしまう人も多いです。明らかでない場合は専門医を受診するようにしましょう。

② ワキガの人は

上記のような仕組みから腋臭に対するアプローチは下記の4つに分けられることが分かります。

①汗の分泌を抑える
②腋の常在菌を殺菌する
③低級脂肪酸を中和、分解、吸着する
④体臭を他の臭いなどで覆い隠す

どの商品にどのような役割があって、どれを併用したらよいかを整理して考えることが大事です。体臭に関する商品がたくさんあるので、国内の規制に沿って理解するのが分かりやすいでしょう。

体臭に効果があると認められるものとして「医薬品」と「医薬部外品」、「化粧品」があります。市販の商品で治療に使えるのは「医薬品」です。軽度の場合は「医薬品」、重度の場合は「手術」が適応されます。「制汗剤(医薬部外品)」や「化粧品」は、臭いを改善する補助的な道具です。まず大まかな位置づけをしっかり押さえておきましょう。

手術

中等度から重度のワキガの場合、手術が検討されます。医師とコミュニケーションをしっかりとるようにしておきましょう。

医薬品

塩化アルミニウム・ベンザルコニウム液

塩化アルミニウムが皮膚を収れんさせ、常在菌を殺菌します。塩化アルミニウムは一部の制汗剤にも含まれていますが、医薬品の方は20%と濃度が高いです。薬局製剤(薬局製造販売医薬品)という医薬品に分類されます。詳しくはこちら

一般用医薬品は探しましたが見つかりませんでした。

制汗剤(医薬部外品)

デオドラントと表現されることもあります。腋臭に対する効果効能が認められており、体臭の防止を目的に使用します。疾患の治療ではなく、補助や改善として理解することが正確です。

腋臭であってもそれほど臭いに困っていない方でしたら、制汗成分の含まれる医薬部外品も良いでしょう。

腋臭であってもそれほど臭いに困っていない方でしたら、制汗成分の含まれる医薬部外品も良いでしょう。パッケージをよく見て、「塩化アルミニウム」や「ミョウバン」、「アルミニウムヒドロキシクロライド」などが含まれる商品を選んでみましょう。
例えば下記の商品があります。

 

この商品には「銀」が含まれており、抗菌作用があります。

こんな商品もありました。

 

常在菌によって生成された臭いの原因になる低級脂肪酸を中和・分解する成分として「酸化マグネシウム」や「酸化亜鉛があります。この商品には酸化亜鉛が含まれています。さらに臭いを覆い隠す香り付きです。上記で紹介した➀~④までのアプローチをすべてカバーした商品です。

たくさんの商品が販売されているので、パッケージをよく見て、どんな商品なのか調べてから購入しましょう。

 

化粧品

化粧品は皮膚の清潔を保つことが目的です。腋臭の治療において補助的に使用することができます。医薬品と併用することでより良い効果が期待できます。

汗脇パッドが市販されています。汗を吸い取ってくれるので、腋臭の改善につながります。また、わき汗や医薬品による衣服の変色を防ぐことができます。例えば以下のような商品があります。

汗拭きシートも市販されています。わきをしっかりふき取ることでは腋臭においては重要です。例えば以下のような商品が挙げられます。

商品が各種たくさんありますので、比較検討してみてはいかがでしょう。

 

生活習慣について

生活習慣のポイントは以下の通りです。

・ストレスによって汗の臭いが強くなる

・適度に運動をしましょう

・野菜中心の食生活が良いです

脂質やたんぱく質の多い食事は臭いが強くなります。

腋臭じゃない人

体臭と言ってもすべてがワキガという訳ではありませんね。スポーツや仕事で汗をかいて臭いが気になる、こういった方はワキガ用の医薬品を使用することは勧められません。疾患じゃないので制汗剤や化粧品を使いましょう。

 

(補足説明)規制区分と定義

医薬品や医薬部外品、化粧品の定義については「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(通称:薬機法、医薬品医療機器法)」に記されています。

医薬品とは

第二条 この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
一 日本薬局方に収められている物
二 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具等(機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下同じ。)及びこれを記録した記録媒体をいう。以下同じ。)でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く。)
三 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く。)

診断、治療、予防を目的とするもの、身体に影響を及ぼすもの。ワキガに絞って言えば、腋臭症という「疾患」を「治療」するためのものと言えるでしょう。

医薬部外品とは

2 この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。
一 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
二 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
三 前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

特定の目的のために使用する人体に対して作用が緩和なもの。制汗剤であれば「体臭の防止」に該当します。ワキガの「改善」が見込まれますが、「治療」はできません。

化粧品とは

3 この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌(ぼう)を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。

皮膚を健やかに保つもの。つまり「保健」です。「保健」とは「健康」を「維持する」という概念です。「疾患」を「治療する」ものではありません。もちろん、使用していけない訳ではありません。

海外の製品

国内の法の範囲外の商品です。医薬品でも医薬部外品でも化粧品でもありません。医薬品に区分される場合もありますが、効果や有用性が認められたものではなく、リスクがあるためというのが理由です。 政府も注意を喚起しています。

 

 

 

広告
広告
SNSでフォローする
L