姫路市飾磨の調剤薬局
L

花粉症の漢方薬「小青竜湯」の紹介と漢方でよくある注意点

花粉症でどの薬でも効果が得られなかったり、眠気が強かったりと満足いく結果が得られなかった方。そんな方には漢方薬は如何でしょう。花粉症に効果のある代表的な漢方薬は小青竜湯です。

どんな人と相性が良いのか

漢方薬は体質に合ったものを選ぶのが原則ですが、小青竜湯に関して言えば、比較的どんな体質の人にも幅広く使用できる薬です。ただ、体力が弱っている方や高齢者、発汗が多い方、胃腸の弱い方はあまり相性は良くありません。いわゆる虚証の人です。このような方には苓甘姜味辛夏仁湯がお勧めできます。

どんな症状に効くのか

漢方では花粉症やアレルギー性鼻炎の鼻症状を水滞と考えます。水滞とは水分が偏在しているという意味です。小青竜湯には細辛と五味子という成分が含まれており、これが水の滞りを改善します。これが何を意味するのかと言うと、水っぽい鼻水がいっぱい出る方に効果があるということです。また、このような症状は花粉症の比較的初期に起こるため、比較的初期に使用する薬です。

ちなみに、花粉症が続くに従って鼻詰まりが起こってくる人も多いと思われます。この場合は、葛根湯加川芎辛夷あたりが相性が良くなってきます。

注意しないといけないこと

「漢方薬に副作用は無い」などと思われている方がいます。もちろん漢方薬にも副作用はあります。漢方の副作用を考えるときは、どんな生薬を含んでいるのか考えることが大事です。漢方薬でよくある注意の必要な生薬が小青竜湯には含まれているので、漢方薬の副作用の典型的なケースを学べます。では、よくある注意の必要な生薬を挙げてみましょう。

 

一つ目は、麻黄です。

麻黄はエフェドリンという主成分を含んでおり、交感神経を活性化させる作用があります。これは、血圧などに影響があるため、心臓の病気がある方などには相性が良くありません。前立腺肥大などの排尿障害の方も良くありません。

心当たりがある人は上記で紹介した苓甘姜味辛夏仁湯は麻黄が含まれていないので相性が良いかと思います。

 

もう一つは甘草です。

甘草には「偽アルドステロン症」という副作用のリスクがあります。多くはない副作用ですが。偽アルドステロン症とは名前の通りアルドステロンというホルモンのような作用を引き起こす症状です。偽アルドステロン症になると体内のカリウムの濃度が低下し、むくみや高血圧などの症状が引き起こされます。そういう訳で、むくみの症状がある方は小青竜湯は避けた方が無難です。その中でも利尿薬を服用している方は特に注意が必要です。

また、複数の漢方薬を飲んでいる方は特に注意していただきたい。甘草はいろんな漢方薬に含まれています。複数の漢方薬を服用することで甘草を重複して服用する恐れがあります。甘草には「1日あたり7.5gまで」などと上限量が言われていますが、引き起こされるかどうかはその人の体調次第、状況次第です。「電卓を叩いて7.5g以下だった。じゃあ安全。」ということにはなりません。

今、漢方薬を飲んでいて、もう一つ飲みたい場合は、必ず薬剤師や登録販売者に相談しましょう。これは漢方薬一般に言えることです。

稀な副作用なので上記の注意点さえ覚えておけばそれほど心配はありません。念のため初期症状を知っていれば安心です。

初期症状としては

「手足のだるさ」、「しびれ」、「つっぱり感」、「こわばり」がみられ、これらに加えて、「力が抜ける感じ」、「こむら返り」、「筋肉痛」が現れて、だんだんきつくなる場合

重篤副作用疾患別対応マニュアル|偽アルドステロン症より)

が挙げられます。服用していてこういったことがあれば、医師や薬剤師に相談しましょう。

まとめ

別段、体力も弱くなく、汗っかきでもない。持病と言えば花粉症くらい。鼻水に困っているが、西洋薬では効果と眠気のバランスに不満がある。そんな方は小青竜湯は如何でしょう。絶対に満足できるかは言い切れませんが。

 

あまり副作用の話しばかりだと買う気が失せますね。

すみませんでした。

あと、漢方薬は価格が高いので比較して頂ければ↓

 

広告
広告
SNSでフォローする
L