姫路市飾磨の調剤薬局
L

花粉症の仕組みと対策と薬の仕組みについてまとめてみた

春の大気はいろんな物質がいっぱい浮遊する季節です。花粉、pm2.5…。体の中に入ってきた異物を排除する免疫という仕組みが人間の体には備わっています。この免疫がこれらの物質に対して必要以上にはたらいた結果が花粉症です。どんな仕組みで花粉症が起こるのか、花粉症の対策には何があるのか、薬はどのように効くのかについてまとめて見ました。

花粉症の起こる仕組み

免疫に関係する体の仕組みには、抗体と細胞があります。これらが協力しあって体に入った異物に対処することになります。

花粉やPM2.5が鼻や目に侵入すると、体の中のマスト細胞という細胞がIgE抗体という抗体を産生して様子を見に行かせます。IgE抗体は花粉やPM2.5などを異物と認識して帰ってくると、マスト細胞に報告をするためにマスト細胞に結合します。この状態で、マスト細胞は花粉やPM2.5を排除するための体制に入ります。そこへもう一度、花粉などが入ってくると抗体の結合したマスト細胞が活動を始めます。マスト細胞は細胞内に貯えていたヒスタミンなどの物質を周辺に撒き散らかします。

このヒスタミンは周辺にある血管のヒスタミン受容体に結合することで、血管の筋肉が弛緩します。この結果、鼻の毛細血管が広がって、血液中の水分が組織側へと移っていきます。これが鼻水や鼻詰まりの原因になります。ちなみに漢方の考え方ではアレルギー性鼻炎を水滞と考えています。症状に対する認識は西洋医学でも漢方でも似たようなものだということが分かります。

花粉症の対策

花粉症は上記のような仕組みなので、花粉やPM2.5が体の中に入らないようにするか、免疫をなんとかするか、水分をなんとかするしかありません。それぞれ、生活習慣、西洋医学、漢方医学のアプローチが当てはまります。

まずは生活習慣のポイントです。マスクやメガネ、鼻の周りに白色ワセリンを塗ったりといったものがこれにあたります。

掃除のポイントはこちら

花粉症の薬の仕組み

花粉症に対する病理学的認識は西洋医学と漢方医学で驚くほど似かよっていますが、アプローチが全く違います。

西洋医学的アプローチ

原因はヒスタミンだから、ヒスタミンの邪魔をしよう。このようなことが出来る薬を抗ヒスタミン薬と言います。名前の通りですね。ヒスタミンという物質に結合して、何かの作用を引き起こす物質(受容体)が身体の中には存在します。物質⇄受容体の関係が西洋医学の中心的な概念です。抗ヒスタミン薬以外にもロイコトリエンという物質の邪魔をするような薬はありますが、医療用医薬品だけなので詳しくは割愛します。

漢方的アプローチ

状況が水が滞っているのだから、それを補正すればいいじゃないかというのが漢方の考え方です。有名どころで小青竜湯が挙げられます。

こちらの記事で詳しく書いています

広告
広告
SNSでフォローする
L