姫路市飾磨の調剤薬局
L

肥満症に適応のある防風通聖散。その仕組みと効果

ダイエットって即効性のある方法を期待してしまいますね。ダイエットに効果のある医薬品があることはわりと良く知られていると思います。肥満に効果のある医薬品は防風通聖散という漢方薬です。防風通聖散はどんな成分が入っていてどのように効果が期待できるのでしょうか。紹介します。

肥満の漢方的考え方

体に必要な糖質やたんぱく質、脂質でも過剰に摂取すると毒(肥満や生活習慣病)になる。これを改善するには体内の脂肪と食物の脂質を減らす。西洋医学と同じ考え方ですね。

防風通聖散に含まれる生薬

防風通聖散には含まれる生薬は18種類とかなり多いです。これらが複雑に相互に働いて肥満などに対する効果が発生します。中心的な役割を果たす生薬を紹介します。

体内のエネルギーを消費する生薬

漢方の考え方からすると防風通聖散は熱を冷まして、表を発し、気血を補うことでその効果を発揮すると考えられています。大雑把に言うと、エネルギーの元(肥満の元)を効率よく補給し、燃焼させ放散させて、冷ますといったところでしょうか。

エネルギーを補給する生薬

当帰(トウキ)、川芎(センキュウ)、芍薬(シャクヤク)、白朮(ビャクジュツ)です。これらの生薬は気血を補給する役割を果たしています。これは体の中の血≒栄養≒脂肪を効率よく補給することです。また、燃焼や発散の生薬だけだと発散するものと補うもののバランスが崩れるので、バランスを整える意味もあります。

エネルギーを燃焼させて発散させる生薬

麻黄(マオウ)や生姜(ショウキョウ)などです。生姜は食べ物の生姜(ショウガ)のことですね。食べると体が暖かくなりますが、エネルギーを消費させて発散させます。麻黄の主成分はエフェドリンという交感神経を活性化させるものです。生姜と同様にエネルギーを消費させます。

冷ます生薬

防風(ボウフウ)や 荊芥(ケイガイ)などです。燃焼され、発散したエネルギーを冷ます役割があります。

便通を良くする生薬

防風通聖散は便秘を改善させることもできます。大黄(ダイオウ)と芒硝(ボウショウ)がその働きを担います。

大黄は便秘薬によく含まれる成分です。おなかを刺激して便通を良くします。芒硝は腸内の津液を補います。便に水分を含ませて軟らかくする作用です。西洋薬で言う酸化マグネシウムのような感じです(説明がちょっと雑かもしれません)。

小林製薬によると、食べ物に含まれる脂質やコレステロールの体内への吸収を抑えて便中に排泄させる効果があったようです。

生活習慣病全般に対しても良い効果が期待できます。

相性のいい人

比較的体力のある太った人で、便秘や高血圧あるような人が典型的です。学生時代はラグビーや柔道をやっていたが就職を機に全く運動をしなくなった。太ってしまったが体力には自信がある。というかガタイが良い。そろそろダイエットをしなくては。といった感じの人にぴったりですね。食事と運動を見直して、防風通聖散を使ってみてはどうでしょう。

防風通聖散は医薬品です

防風通聖散は肥満と便秘を改善する夢のような医薬品ですが、あくまで医薬品です。この点はしっかり認識しておきましょう。BMIが正常範囲にある方はあえて使用しない方が良いでしょう。病気ではないので。また、サプリメントのように毎日服用して健康を改善するようなものでもありません。

分かりにくい商品名

防風通聖散という商品名ならわかりやすいのですが、いろんな名前の商品があります。どう見ても商品名から防風通聖散だと分からない商品もちらほら。

例えば、小林製薬のナイシトールシリーズ。商品によって含まれる防風通聖散の量が違うみたいです。

 

あとクラシエのコッコアポEX錠など

コッコアポG錠は大柴胡湯、コッコアポL錠は防已黄耆湯なのでちょっと違う薬です。

広告
広告
SNSでフォローする
L