姫路市飾磨の調剤薬局
L

【医療用医薬品】よくあるステロイド外用薬の疑問点とその答え

湿疹、あせも、アレルギー、色々な場面でステロイド外用剤を使いますね。疑問点を持たれる方も多いと思います。よくある疑問点と答えを書いておきます。

※以下の内容が実際に薬を貰った薬剤師の説明と違う場合は、実際に接した薬剤師の説明を優先させて下さい。

どれくらいの厚さで塗るの?

finger-tips unitという単位があります。薬をチューブから指に出して、指先から第一関節までの量が両手の手のひらの面積に対してピッタリの量だと言われています。

これで1FTUという単位です。ベタベタするので、それよりもちょっと少ないくらいで、軽くテカる程度でも大丈夫です。薄く塗った方が良いとたまに聞くことがありますが、一般的ではありません。

使用回数は1日1回?1日2回?

急に悪くなった場合は1日2回とされるのが一般的です。改善した後、1日1回になることも多くあります。ストロングクラス以上の薬では1回と2回に大きな効果の違いはないとも考えられています。診察した医師の判断次第です。

以前、貰った薬を違う体の部位に塗っていい?

違う体の部位には塗ってはいけません。体の部位によって皮膚の厚さが違います。例えば、腕に対して、かかとの吸収は1割近くまで下がり、顔だと数十倍になります。

保湿剤と一緒に貰った。どっちから使ったらいい?

一律に答えは出ません。実際に接した薬剤師に聞いてみましょう。医薬品メーカーは、基本的に塗り重ねや混合を想定しておりませんので、実際に接した医師や薬剤師の考え次第になります。

擦り込んで塗るの?

優しく塗って下さい。擦り込むと良いのは痛み止めの薬などです。

塗っていたら皮膚が黒くなった。薬のせい?

皮膚の炎症が治癒する過程で皮膚が黒っぽくなることがあります。これは薬によるものではなく、回復によるものです。数ヶ月から1年ほどで色も無くなってきます。

キツイ薬?塗りすぎたら副作用は出るの?

ステロイド外用剤には効き目のランク分けがされています。沖縄県薬剤師会にいい資料がありました。

副作用は大丈夫?

医師や薬剤師の指示通り使用した場合は心配なされなくとも大丈夫です。90年代のステロイドバッシングを覚えていて、「ステロイド」という言葉で不安になられる方もいらっしゃいます。確かにステロイドの内服薬を長期にわたって服用するといくつかの副作用はありますが、外用薬では通常、起こりません。

 

広告
広告
SNSでフォローする
L