姫路市飾磨の調剤薬局
L

不妊症の原因と治療法

不妊治療

 

不妊症とは

妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないことであり、何らかの医学的治療をしなければ妊娠が成立しない疾患群を「不妊症」と言います。

MSDマニュアルによると、避妊をせず頻回に性交を行えば、3カ月以内にカップルの50%、6カ月以内にカップルの75%、1年以内にカップルの90%が妊娠するようです。

こういったことから1年間の不妊を不妊症と区切るのが自然で、日本産科婦人科学会も「一定期間」を「1年というのが一般的である」と定義しています

不妊症の検査

女性の検査

女性は月経周期に合わせて、いくつかの検査があります。月経期に行われるホルモン検査、卵胞期に行われる子宮卵管造影検査、排卵期に行われる超音波検査、黄体期に行われる黄体ホルモン検査などがあります。基礎体温から月経周期を把握し、タイミングよく検査を行わなければならないため、全ての検査を終えるには数カ月かかります。この結果から不妊症の原因をさがします。

男性の検査

精液検査がまず行われます。精子の数や運動率は採取したときの心身の状態に影響されるため、通常は複数回検査が行われます。精液検査で異常が見られた場合は精巣の大きさや炎症、精索静脈瘤、ホルモン値などの検査が行われます。

不妊症の原因と治療法

世界保健機関(WHO)によると不妊症の原因の約半数は男性側が関与しているようです。別ソースのMSDマニュアルからもそれが分かります。下図はMSDマニュアルのデータを図示したもの。

不妊症の原因

女性側の原因と治療法

排卵、卵管による卵子の取り込み、精子との受精、受精卵の子宮内への移動、着床というのが妊娠までの流れです。それぞれの段階に分けて女性側の不妊症の原因を考えると以下のようになります。

排卵因子

月経がない、出血はあっても排卵を伴わないことがあります。

・治療法

薬物治療が中心です。クロミフェン療法やゴナドトロピン療法、ドパミンアゴニスト療法(高プロラクチン血症などの場合)といった排卵誘発法が中心で、漢方薬を排卵補助として用いる場合もあります。

卵管因子

卵管の内腔が詰まっている、卵子を取り込む卵管采の可動性が保たれていないことがあります。

・治療法

手術療法や体外受精が用いられます。主な手術は卵管を開通したり、卵管周囲の癒着を除去するものです。現在では早い時期に体外受精へと移行するのが通例です。

頸管因子

頸管粘液の分泌量や性状が不十分な場合、子宮内への精子の進入が阻害されます。子宮頸管を満たす粘液のことで、排卵が近づくと分泌量が増えます。一方、月経期にはほとんど分泌されません。

・治療法

薬物治療や人工授精を用います。薬物としてはシクロフェニルやFSH製剤が主に使われます。これらの薬は排卵誘発作用がありながら、頸管の粘液分泌を促進します。また、頸管に炎症がある場合は抗生物質を用います。

免疫因子

精子を攻撃する抗体が分泌されることにより、精子の運動性や卵子と精子の結合が阻害されることがあります。

・治療法

人工授精を用います。

子宮因子

子宮に先天的な形態異常がある、あるいは子宮筋腫や子宮内膜以上などにより着床が妨げられることがあります。

・治療法

子宮筋腫を摘出するなどの手術療法、子宮腺筋症に対する不妊治療前の補助療法や人工授精が用いられます。

男性側の原因と治療法

造精機能障害

精子が全くない、または数が少ない、動きが悪いなどの精子を作る機能に問題がある場合です。

薬物治療や手術が用いられます。原因が分からない造精機能障害の場合ではビタミン剤や漢方薬などが用いられます。低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の場合はゴナドトロピン療法、精巣に炎症がある場合は抗生物質や解熱鎮痛薬が用いられます。精索静脈瘤がある場合は精索静脈瘤手術が用いられます。

その他、人工授精、体外受精、顕微授精が用いられることもあります。

精路通過障害

精管が狭くなる等、精子の輸送経路に問題がある場合です。この場合は精路の再建などの手術や顕微授精が用いられます。

性機能障害

勃起障害(ED)や射精障害、性機能に問題がある場合です。

勃起障害がある場合は、シルデナフィルやタダラフィル、バルデナフィルなどのPDE5阻害薬が用いられます。射精時に閉じているはずの膀胱の一部(膀胱頸部)が開いたままになり、精液が膀胱に逆流する(逆行性射精)の症状の方もいます。この場合は、アモキサピンやイミプラミンなどの膀胱頸部を閉じる薬を用います。

人工授精を用いることもあります。

治療できる医療機関

男性不妊症の治療を行う医療機関はどこにあるのか知りたい方はおられるかと思います。日本生殖医学会のHPに施設のリストがあります。

原因不明の不妊症の治療法

上記のような検査を行ったとしても原因が分からない場合があります。この場合によく適用される治療法を紹介します。

タイミング法

生理周期から排卵日を予測する方法です。自身でも予測することは出来ますが、医療機関では医師が介することで、より確実な予測や確認ができる利点があります。

排卵誘発、人工授精

原因が不明であっても排卵誘発法や人工授精を用いることで、一定の効果が期待できることがあります。

※生殖補助医療(ART)を用いる場合もあります。

生殖補助医療(ART)について

近年普及した新たな不妊症治療法のことを生殖補助医療(ART)と呼びます。体外受精・肺移植、顕微授精といったものがあります。両側卵管閉塞や男性側に重症の原因がある場合によく用いられます。日本生殖医学会に認定医のリストがありますので、興味のある方は参考になるかと思います。

関連リンク

MSDマニュアル

日本生殖医学会

 

 

※この内容は不妊症の治療を大まかに理解していただくことを目的としたものです。治療法を完全に記述したものではありませんので、実際に接する医療従事者の意見を大切にして下さい。

広告
広告
SNSでフォローする
L