姫路市飾磨の調剤薬局
L

薬を保管する温度は正確には何度?

薬局でもらった薬はどこに保管していますでしょうか。

多くは大雑把でも構わないのですが、医薬品の種類や季節など注意が必要なことがあります。

医薬品業界には保存温度に関する専門用語があって、正確に使い分けられています。

厳格な定義から保管温度について紹介します。

温度の正確な定義

用語の定義は日本薬局方に記載されています。

試験又は貯蔵に用いる温度は,原則として,具体的な数値で記載する.ただし,以下の記述を用いることができる.標準温度は20°C,常温は15~25°C,室温は1~30°C,微温は30~40°Cとする.冷所は,別に規定するもののほか,1~15°Cの場所とする.(以下略)

図にするとこんな感じです。

温度

 

室温

1℃から30℃を指します。錠剤やカプセル剤などほとんどの薬が室温保存です。
あまり注意は必要ないですが、真夏や真冬は過度に暑くなったり、寒くなったりするので場所を考えましょう。

微温

薬局でもらう薬で、この温度で保管しなければならない薬はおそらくありません

常温

15℃から25℃を指します。
過ごしやすい季節の気温と考えるとしっくりくるでしょう。

常温保管の薬はおそらくありません

JIS規格の常温とは違うことに注意です。

冷所

1℃から15℃を指します。
よくある冷所保存の薬はシロップ、坐剤、注射などです。

シロップ剤の保管場所

小児科などからシロップ剤が処方された場合、薬局では水道水を加えて目盛りを調節しています。

麦茶やスポーツドリンクと同じようなものですね。

これが冷所保存する理由です。

坐剤の保管場所

坐剤は直腸に入ったら融けるように作られています。

このため、あまり気温が高いと溶けてしまうおそれがあります。

大抵は冷所保存です。

常温保管の坐剤もあります。

成分に問題が生じるわけではないので、うっかり外に保管していても、外見に問題が無ければ、それほど心配しなくても大丈夫です。

注射薬の保管場所

未開封のインスリン注射(開封後は室温保存)や成長ホルモンの注射はさらに厳しい温度管理が必要です。

インスリン注射と成長ホルモン注射の保管温度は2~8℃です。

家庭の保管場所としては冷蔵庫が適切です。

開封後に関しては製品ごとに注意点があるので、それに従いましょう。

その他

他にも冷所保存の薬がいくつかあります。

一部の吸入薬もそうですし、当店の塩化アルミニウムベンザルコニウム液もそうです。

ワキガ用消毒剤を作ってみました

広告
広告
SNSでフォローする
L