姫路市飾磨の調剤薬局
L

目薬の正しい保管温度は?

目薬

目薬については、冷蔵庫に保管するのか、室温で良いのかよく分からなくなることはないでしょうか。

医療用医薬品、一般用医薬品問わず、疑問のある話題だと思います。

この点を紹介します。

目薬の保管温度

ほとんどの目薬は室温(1~30℃)保存です。

冷所(1~15℃)保存の薬も一部にはあります。

温度の正確な定義はこちら

薬を保管する温度は正確には何度?

まずは、お手持ちの目薬のパッケージを確認して、室温保存か冷所保存かをはっきりさせましょう

医療用医薬品の場合は目薬を入れる袋を貰うと思います。

この袋に何も書いていない場合は室温保存、指定があればそれに従うと考えて大丈夫です。

下の例に挙げた画像を参考にしていただければ。

室温保存の目薬

部屋の中でも冷蔵庫でも構いません。

1~15℃も室温の範囲だからです。

光が強く当たる場所や温度が極端に高くなったり、低くなったりする場所は避けてください。

 

例)カリーユニ点眼液

カリーユニ点眼

白内障の医療用医薬品です。

この薬は室温保存の薬です。

したがって、開封前でも後でも部屋での保管が可能です。

冷蔵庫に保管することも可能です。

冷所保存の目薬

冷蔵庫で保管してください。

ただし、保管条件が複雑な場合が多いです。

 

例)キラタン点眼液

キサラタン点眼

この点眼液は緑内障の医療用医薬品です。

開封前の保管温度は2~8℃です。

したがって、冷蔵庫保管です。

開封後は室温保管でも大丈夫です。

したがって、開封後は冷蔵庫でも室温でも大丈夫です。

 

目薬は医療用、一般用問わず、薬によって保管方法の指示がある場合があります。

上記のキサラタンも指定する温度が微妙です。

このような特殊な場合は薬剤師が説明致します。

 

広告
広告
SNSでフォローする
L